塗装について


無垢の木に施す塗装は出来るだけそのままの風合いで木に負担のかからないものにしていますが、

お箸や食器など水や油に過酷にさらされるものに対しては、人体に害のない樹脂塗装(HP内食品衛生法認可ウレタンと記載)を施しています。

テーブル天板の塗装に関しては、※オイル塗装か※ウレタン塗装(※以下に説明あり)かご相談ください。

また家具に関して、材質はホワイトオークやブナのままで色味を変えること(濃い茶系、黒系)も対応いたします。

 


ホワイトオーク材 オイル塗装
ホワイトオーク材 オイル塗装

オイル塗装

 

木にオイルを浸透させて素地自体に強度を持たせるので、ほぼ塗膜は形成されません。保護性ではウレタンより劣りますが、最も木質感が出る仕上げで使い込むほど味が出てきます。

水分を吸収しやすいため、付着した時はすぐに拭き取るとシミが防げます。

また、少しのキズやシミならその部分をやすりがけをし、再度専用のオイルを塗れば馴染んでわからなくなります。

日頃のお手入れは乾拭き、もしくは水拭きをしていただき、時々専用のオイルを塗り込んでいただくと表面に艶が戻ります。

 

 

 


ホワイトオーク材 ウレタン塗装
ホワイトオーク材 ウレタン塗装

ウレタン塗装

 

木の表面に樹脂の丈夫な塗膜を形成するため、汚れや摩擦、水分、熱、湿気、日光などから保護され耐久性が強くなります。

そのため日頃のお手入れはオイル塗装よりも楽になりますが、長時間の水分付着や高温のものを直接置くなどはシミが残る場合があるのでご注意ください。

丈夫な塗膜ですが、テーブルなど長年お使いいただくとシミやキズができてきます。オイル塗装と違い、部分のやすりがけでは消せないため、メンテナンスの際はご相談ください。

 

 

ブナ材 黒ウレタン塗装
ブナ材 黒ウレタン塗装
ホワイトオーク材 茶系ウレタン塗装
ホワイトオーク材 茶系ウレタン塗装