素材について


 

- 無垢材の扱いについて

 

Soubou craftでは、山から伐り出した丸太を製材しただけの「無垢材」と呼ばれる木を使用しています。

無垢の木は、製材後も木として生きた時間を保ったままさらに生き続けるため、家具になってからも静かに呼吸しています。木自体の存在感があり、使い込むほど味が出てくる、それが無垢の木から生まれる家具です。

 

 「木の呼吸」これは森に生えている木々たちが行う湿度を吸ったり吐いたりする調湿機能で、家具になってからも空気中の水分を吸収して膨らんだり、反対に乾燥しているところでは自分の水分を吐き出して湿度を調整しようとしてくれます。そのため、環境の変化によって割れや反りが生じることがあるので急激な温度、湿度の変化のない環境でお使いしていただく事をお願いしています。

 

また、食器類に関して、ご使用後は長時間水に浸さず柔らかいスポンジ等で洗い流し、生乾きによるカビを防ぐため風通しの良いところで陰干ししてください。

直射日光、ストーブの熱気での急激な乾燥は、家具同様に反ったり割れたりする場合があるので避けてください。

 

少し手間はかかりますが、月日・年月と共に表情を変えていくのが無垢ならでは良さなので、あまり神経質にならず日々のお手入れも含め、暮らしの中で心地よくお使いいただければ幸いです。

 

 


- 使用木材(家具)/ ペーパーコードについて

 

木の生きてきた証である木目の表情もどうぞ楽しんでお使いください。


 ホワイトオーク

 

ブナ科の落葉広葉樹。木質は重硬で強度がある。

美しい、虎斑という虎の毛のような木目が特徴。


 ブラックウォールナット

 

クルミ科の落葉広葉樹。材質は硬く、実同様、材にも油脂分が多く含まれているため、時間と共に味わいを増すのが特徴。

 


 ブナ

 

ブナ科の落葉広葉樹。重硬で弾力性があり、曲げ木加工に適す。

肌目は密で小さな斑点が入っており、淡くピンクがかった乳白色が特徴。

 


 カバ

 

カバノキ科の落葉広葉樹。重硬な材。肌目は緻密で上品な風合いがある。

辺材は淡い紅白色、心材は淡い紅褐色。赤みの濃い真樺は希少。


 チーク

 

クマツヅラ科の落葉広葉樹。重硬で水湿などの耐久性に優れる。

世界最高級材の一つで、年月とともにロウ状の成分が材面に染み出で色の深みが増すのが特徴。


ペーパーコード

樹脂を含ませてよった紙紐のこと。強いがしなやかで座面が体にフィットし、夏涼しく、冬はクッションをひくとより暖かい。板座より埃やシミがつきやすいが、強度があるため掃除や手入れをすれば目立たなくなる。

動物の爪(飼い猫など)にも強く、長年使うと少しずつ緩んでくるが、編みかえによりまた長く使える。